超乾燥肌の私がオススメする化粧水はコレ!メインイメージ

脂性肌だと勘違いしてない?あなたの肌はインナードライ肌かも

あなたの肌はインナードライかも

冬は乾燥対策に余念のない人も、夏の乾燥には油断しがちになっているのではないでしょうか。実は夏に起こりやすい乾燥肌の症状の一つにインナードライというものがあります。女性のうち8割が、自覚のないままに、このインナードライの症状に悩まされているともいわれています。


このインナードライの困ったところは、脂性肌だと勘違いしてしまい、スキンケアの方法を誤り、さらに症状を悪化させてしまうところにあります。夏場は皮脂が多くなりすぎて、一日中あぶらとり紙を使っているという人はいませんか。


化粧品も、脂性肌用の高級なものを利用しているのに、良くなるどころか、どんどんひどくなっていくという人は、肌がインナードライになっている可能性が高いのかもしれません。もしかして自分もそうかも、と思い当たるところのある人は、ぜひ一度コスメショップなどで肌状態をチェックしてもらい、肌の水分量を確認してみましょうね。

顔は脂っぽいのに、肌の内側はカラカラ!インナードライのメカニズム

外はテカテカ、内はカラカラ、ともいわれるインナードライ肌。そのメカニズムはいったいどうなっているのでしょうか。夏、冷房や紫外線によってダメージを受けた肌は、非常に乾燥した状態になってしまいます。


その肌を何とかして守ろうと、私たちの身体は一生懸命皮脂を増産します。皮脂には肌の潤いを閉じ込める働きがあるからです。そのため肌の表面は、皮脂によってテカテカになり、一見、脂性肌のように思われてしまいます。


そしてその結果、脂性肌のためのスキンケアを念入りに行い、さらに肌内部の乾燥を進めてしまうため、肌の内部はカラカラというインナードライ状態が起こってしまうのですね。

特に日本の夏はカラッと暑いわけではなく、ベタベタで湿度が高いため、表面の皮脂に悩まされることになってしまいます。そこに追い打ちをかけるように、エアコンの風を浴びますので、悪循環に陥ってしまうのも無理はありません。


インナードライは医学的な表現ではありませんが、最近はこの症状に悩まされる人が増えてきていますので、どうしてもひどい場合には、医師に相談してみることも大切ですね。


年代別!乾燥肌におすすめの化粧品をチェック

20代乾燥肌おすすめ化粧品20代乾燥肌さん
20代でも「こんな習慣」があるとみるみるうちに乾燥肌に…!?
30代乾燥肌おすすめ化粧品30代乾燥肌さん
30代は老化が始まる時。肌ケアで今後のお肌が決まります。
40代乾燥肌おすすめ化粧品40代乾燥肌さん
肌の水分がガクッと下がる40代。まだ間に合う保湿ケアは?
50代乾燥肌おすすめ化粧品50代乾燥肌さん
50代には徹底した乾燥&老化対策を!極めつけの化粧品は?


超乾燥肌の私が一番おすすめする化粧水

乾燥肌におすすめのイチオシ保湿化粧水はつつむ

超乾燥肌の私がオススメする化粧水つつむ



5種類のアミノ酸が肌に届き、お肌を健康に!

つつむには、お肌の生成に欠かせないアミノ酸が5種類も入っています。そのアミノ酸が肌の奥にある角質細胞まで届き、乾燥肌に不足しがちな水分をしっかり補給。みずみずしい健康なお肌を取り戻します。

お肌に必須なセラミド配合で潤いチャージ

セラミドは、いわばお肌の中で水分を溜めこんでおくスポンジのようなもの。肌に必要な水分やミネラルが補給されても、セラミドが無ければ水分はすぐに蒸発・流れ出てしまいます。それを食い止めて、お肌にうるおいをもたらすのがこのセラミドの役割です。

お肌の水分を逃がさないベールで肌を守る

つつむ独自のヴァイタサイクルヴェールと呼ばれる薄い膜が肌表面を覆い、外部刺激からブロック、さらに、お肌の水分や油分が蒸発するのを防いでくれます。このベールでさらに乾燥知らずの肌に。

トライアルセットはこちら