超乾燥肌の私がオススメする化粧水はコレ!メインイメージ

乾燥肌に効く尿素とは?尿素と乾燥肌

乾燥肌について色々と調べていると、尿素クリーム尿素軟膏など尿素の含まれたものの話をよく見かけます。乾燥肌にとって、尿素は効き目があるものなのでしょうか。


乾燥肌と尿素の関係について詳しく見ていく前に、まずは尿素とはどのようなものなのか、少し説明してみましょう。まず気になる人も多いところかもしれませんが、尿素は尿そのものではありません。初めて尿素が見つかったのが尿中であったため、このような名前で呼ばれるようになりました。


尿といえば、よく聞く言葉としてアンモニアがあると思います。このアンモニアは、非常に毒性の高い物質です。アンモニアを肝臓で無害にしたものが尿素です。そのため、クリームや軟膏として利用する際にも、毒性が低く、さらに体内で自然に作られるものであることから、副作用等も少ないものとして重宝されているのです。


それでは気になる尿素の効能ですが、まずは保湿性が高いということです。尿素は、NMF(天然保湿因子)の一つですから、保湿力があり、吸収性も高い物質であるというのもうなづけるところですね。次に、尿素はたんぱく質を分解する働きがあります。そのため、硬くなった角層を除去し、肌状態を改善してくれるのです。

乾燥肌のタイプによって、尿素は敵にも味方にもなる

尿素には上のような効能があるため、乾燥肌の中でも特に皮脂欠乏症や老人性乾皮症などには、強い効力を発揮します。また、アトピー性皮膚炎にも、効果的であると考えられています。


皮膚科などでは、こういったタイプの乾燥肌には、ウレパールやケラチナミン、パスタロンといった尿素軟膏が処方されることが多いでしょう。それでは全ての乾燥肌にとって尿素がよく効くかというと、答えはNOです。乾燥肌の中でも、比較的角層が柔らかく、ターンオーバーが正常に行われている肌に対しては、逆効果になってしまう場合があるからです。


尿素には、たんぱく質を取り除く働きがありますので、乾燥肌であるからといって、むやみに使用していると、問題のない角層まで取り除いてしまい、肌トラブルを引き起こす可能性があります。ターンオーバーが速くなりすぎてしまい、未熟な角質しかないといった状態に陥ってしまうのです。このように見てくると、尿素は、乾燥肌のタイプによって使い分ける、というのが、正解だといえますね。


年代別!乾燥肌におすすめの化粧品をチェック

20代乾燥肌おすすめ化粧品20代乾燥肌さん
20代でも「こんな習慣」があるとみるみるうちに乾燥肌に…!?
30代乾燥肌おすすめ化粧品30代乾燥肌さん
30代は老化が始まる時。肌ケアで今後のお肌が決まります。
40代乾燥肌おすすめ化粧品40代乾燥肌さん
肌の水分がガクッと下がる40代。まだ間に合う保湿ケアは?
50代乾燥肌おすすめ化粧品50代乾燥肌さん
50代には徹底した乾燥&老化対策を!極めつけの化粧品は?


超乾燥肌の私が一番おすすめする化粧水

乾燥肌におすすめのイチオシ保湿化粧水はつつむ

超乾燥肌の私がオススメする化粧水つつむ



5種類のアミノ酸が肌に届き、お肌を健康に!

つつむには、お肌の生成に欠かせないアミノ酸が5種類も入っています。そのアミノ酸が肌の奥にある角質細胞まで届き、乾燥肌に不足しがちな水分をしっかり補給。みずみずしい健康なお肌を取り戻します。

お肌に必須なセラミド配合で潤いチャージ

セラミドは、いわばお肌の中で水分を溜めこんでおくスポンジのようなもの。肌に必要な水分やミネラルが補給されても、セラミドが無ければ水分はすぐに蒸発・流れ出てしまいます。それを食い止めて、お肌にうるおいをもたらすのがこのセラミドの役割です。

お肌の水分を逃がさないベールで肌を守る

つつむ独自のヴァイタサイクルヴェールと呼ばれる薄い膜が肌表面を覆い、外部刺激からブロック、さらに、お肌の水分や油分が蒸発するのを防いでくれます。このベールでさらに乾燥知らずの肌に。

トライアルセットはこちら