超乾燥肌の私がオススメする化粧水はコレ!メインイメージ

乾燥肌は特に気を付けて!冬の隠れ脱水とは?

冬の隠れ脱水

脱水という言葉を聞くと、夏の暑い中、運動をしているシーンが目に浮かぶ人も多いでしょう。熱中症などと一緒に語られることも多いため、脱水は夏に気をつけなければいけないというイメージが強いのではないでしょうか。


もちろん夏場は、脱水を起こしやすく、厳重な注意が必要な時期です。けれども、それと同じくらい恐ろしいのが冬脱水なのです。夏は自分自身でも汗をかいているのを意識することが容易です。それに比べて、冬は気温も低く乾燥しているため、あまり汗をかくことがありません。それなら大丈夫なのでは、と思ってしまいがちなのですが、たとえ汗をかかなくても、人間は呼気や皮膚、粘膜などから絶えず水分を蒸発させているのです。


これを医学用語では不感蒸泄と呼んでいます。この不感蒸泄の量は、環境や体重、体調などによっても変わりますが、1日に750mlから多い時には1リットルにも及びます。夏は暑さも手伝って、意識的に水分を摂る人が多いものですが、冬はついうっかり忘れてしまうことも多くなります。


日に1リットルもの水分補給はなかなかできないものですから、冬場には自然と隠れ脱水になってしまっている人がたくさんいるというわけです。

冬脱水は万病の元!乾燥する事で病気を招く

隠れ脱水になってしまうと、身体は様々な変調をきたしてしまいます。顔や身体中のお肌が乾燥してしまい、外から化粧品等で保水を行っても、一向に改善されないというケースも多いでしょう。さらに、喉の粘膜も乾燥してしまいます。粘膜には、異物を身体の中に入れないという大切な働きがあります。乾燥することで、粘膜がその役割を果たさなくなってしまうと、ウィルスが体内に侵入しやすくなってしまいます。


冬に風邪やインフルエンザが猛威を振るうのも、身体の乾燥が原因だったのです。また、ノロウィルスや感染性胃腸炎などに罹ってしまうと、下痢や嘔吐を繰り返すことになります。それによって、さらに体内の水分は失われてしまい、脱水がさらに進み、下手をすると入院治療が必要な重篤な状態に陥ってしまうのです。


また、冬脱水は、心筋梗塞の原因にもなるといわれています。乾燥が進み、血液の中の水分量まで減少すると、血がドロドロになり、高血圧や心筋梗塞を引き起こします。このように、冬の大小様々な病気の原因は、乾燥や脱水が原因となっています。本当に恐ろしい冬脱水を侮っていてはいけませんね。



年代別!乾燥肌におすすめの化粧品をチェック

20代乾燥肌おすすめ化粧品20代乾燥肌さん
20代でも「こんな習慣」があるとみるみるうちに乾燥肌に…!?
30代乾燥肌おすすめ化粧品30代乾燥肌さん
30代は老化が始まる時。肌ケアで今後のお肌が決まります。
40代乾燥肌おすすめ化粧品40代乾燥肌さん
肌の水分がガクッと下がる40代。まだ間に合う保湿ケアは?
50代乾燥肌おすすめ化粧品50代乾燥肌さん
50代には徹底した乾燥&老化対策を!極めつけの化粧品は?


超乾燥肌の私が一番おすすめする化粧水

乾燥肌におすすめのイチオシ保湿化粧水はつつむ

超乾燥肌の私がオススメする化粧水つつむ



5種類のアミノ酸が肌に届き、お肌を健康に!

つつむには、お肌の生成に欠かせないアミノ酸が5種類も入っています。そのアミノ酸が肌の奥にある角質細胞まで届き、乾燥肌に不足しがちな水分をしっかり補給。みずみずしい健康なお肌を取り戻します。

お肌に必須なセラミド配合で潤いチャージ

セラミドは、いわばお肌の中で水分を溜めこんでおくスポンジのようなもの。肌に必要な水分やミネラルが補給されても、セラミドが無ければ水分はすぐに蒸発・流れ出てしまいます。それを食い止めて、お肌にうるおいをもたらすのがこのセラミドの役割です。

お肌の水分を逃がさないベールで肌を守る

つつむ独自のヴァイタサイクルヴェールと呼ばれる薄い膜が肌表面を覆い、外部刺激からブロック、さらに、お肌の水分や油分が蒸発するのを防いでくれます。このベールでさらに乾燥知らずの肌に。

トライアルセットはこちら