超乾燥肌の私がオススメする化粧水はコレ!メインイメージ

肌が乾燥でカサカサ&粉吹き状態、それって老人性乾皮症かも

冬は空気が乾燥し、乾燥肌の人にとっては非常に過酷な季節です。特に乾燥肌ではなかった人も年齢が上がっていくにつれ、夏は大丈夫でも、冬はかゆくてどうしようもなくなる、という人が多くなってきます。とりわけ、手足にかゆみを感じることが多く、膝下がかゆくて歩くこともできない、といった症状や、寝ていても、かゆみで目が覚めてしまうという症状に悩まされることもあります。


これを、老人性乾皮症と呼んでいます。かゆさの他にも白い粉のようなものが吹いて見えるのも特徴の一つです。かゆいからといって掻きむしってしまうと、炎症を伴った湿疹になってしまい、ますますかゆみがひどくなります。


原因は主に加齢です。高齢者の全員に症状が出るという研究もあるほどです。加齢によって肌が内部から乾燥している上に、冬場の空気の乾燥がそれに追い打ちをかけ、非常に辛いかゆみを引き起こすのです。ただ最近は、それほど高齢でなくても、乾皮症や皮脂欠乏症になる人が増えてきています。エアコンなど住環境の変化も原因の一つであると考えられています。



老人性乾皮症を緩和する方法とは?

辛い老人性乾皮症や皮脂欠乏症ですが、症状を緩和する方法はあるのでしょうか。一番の方法は、皮膚科等で、ワセリン、プロペトや、ヒルドイドソフト軟膏などを処方してもらい保湿に努めることですが、日常生活の中で、できる対策もあります。

入浴方法

例えば、入浴方法を変えてみることも効果的です。特に冬場は湯冷めを防ぐため、高い温度のお湯に浸かろうとしてしまいがちですが、これは肌の乾燥をさらに進めてしまいます。少しぬるいかな、という程度の温度での入浴がオススメですよ。また、タオル等で、ゴシゴシと身体を洗うことも、皮脂を失ってしまう原因になります。刺激の弱いせっけんで優しく洗うようにしましょうね。そして、お風呂上りには、忘れずすぐに保湿するよう心掛けましょう。

衣類

衣類にも注意が必要です。冬場はセーターなどを着ることが多く、これも肌を乾燥させる可能性があります。下に木綿のものを着るといった工夫が大切ですね。

食生活

食生活でも、香辛料が多く含まれているものやお酒などは、血流を良くしてしまい、かゆみのもとになりかねません。このように一見関係がないようにも思われることも、老人性乾皮症を悪化させる遠因になりますので、覚えておくと良いですね。


年代別!乾燥肌におすすめの化粧品をチェック

20代乾燥肌おすすめ化粧品20代乾燥肌さん
20代でも「こんな習慣」があるとみるみるうちに乾燥肌に…!?
30代乾燥肌おすすめ化粧品30代乾燥肌さん
30代は老化が始まる時。肌ケアで今後のお肌が決まります。
40代乾燥肌おすすめ化粧品40代乾燥肌さん
肌の水分がガクッと下がる40代。まだ間に合う保湿ケアは?
50代乾燥肌おすすめ化粧品50代乾燥肌さん
50代には徹底した乾燥&老化対策を!極めつけの化粧品は?


超乾燥肌の私が一番おすすめする化粧水

乾燥肌におすすめのイチオシ保湿化粧水はつつむ

超乾燥肌の私がオススメする化粧水つつむ



5種類のアミノ酸が肌に届き、お肌を健康に!

つつむには、お肌の生成に欠かせないアミノ酸が5種類も入っています。そのアミノ酸が肌の奥にある角質細胞まで届き、乾燥肌に不足しがちな水分をしっかり補給。みずみずしい健康なお肌を取り戻します。

お肌に必須なセラミド配合で潤いチャージ

セラミドは、いわばお肌の中で水分を溜めこんでおくスポンジのようなもの。肌に必要な水分やミネラルが補給されても、セラミドが無ければ水分はすぐに蒸発・流れ出てしまいます。それを食い止めて、お肌にうるおいをもたらすのがこのセラミドの役割です。

お肌の水分を逃がさないベールで肌を守る

つつむ独自のヴァイタサイクルヴェールと呼ばれる薄い膜が肌表面を覆い、外部刺激からブロック、さらに、お肌の水分や油分が蒸発するのを防いでくれます。このベールでさらに乾燥知らずの肌に。

トライアルセットはこちら