超乾燥肌の私がオススメする化粧水はコレ!メインイメージ

保湿美容液は、乾燥肌の救世主!美容液の正しい順番は?

乾燥肌の人にとって、保湿美容液を使ったケアは欠かすことができません。特に、病院などで使用を止められている場合以外は、化粧水だけでなく美容液も使うようにしたいところです。というのも、化粧水だけでは含まれる成分の量が限られているからです。化粧水は、基本的には、その名の通り大部分が「水」でできています。


乾燥肌を本当にどうにかしたいと思ったら、化粧水で肌を整え、成分を吸い込める土壌を作っておき、美容液で流し込むことが肝心です。美容液にも種類はたくさんあります。美白や美肌を主眼にした、美白美容液も人気です。しわやシミのケア、角質を軟らかくするといったエイジングケア向けの美容液もありますね。


たいていの場合、どの美容液にも、潤い成分を多く含んでいますが、乾燥肌の人にはやはり、保湿美容液がオススメです。美白やしわ取りも気になりますが、まずは、全てのトラブルの大元である保湿を第一に考えると良いでしょう。


保湿美容液はいつ使う?スキンケアの正しい順番とは?

保湿美容液を使うとき、よく迷ってしまうのが、正しいスキンケアの順番なのではないでしょうか。

基本の順番としては、


① 化粧水 → ② 保湿美容液 → ③ 乳液 → ④ クリーム


と重ねていくのが良いでしょう。

この順番には、ちゃんとした理由があります。わかりやすく説明すると、水か油かということです。スキンケアの基本として、「水分を与えたら、油分でフタをする」という法則があります。水状のものを先に肌にのせ、油状のものを後から重ねれば、水は油を通ることはできませんから、蒸発することはできず、自然と体内に吸収されるという理屈です。逆に、油状のものを先にしてしまうと、その後にいくら水状のものを塗ったところで、肌まで染み通ることは不可能になってしまいます。


そのため、水分が多い化粧水から始めていって、最後には油分の最も多いクリームで閉じ込めるというわけですね。たまに、美容液と化粧水の順番が入れかわる場合があります。例えば、化粧水の前準備として使うタイプの美容液などがそれです。どちらにしても、使う順番を間違えると、せっかくの効果が半減してしまいますので、必ず添付の説明書等をよく読み、適切な順番で使用しましょう。


一つのブランドの同じラインのものであれば、わかりやすいのですが、バラバラのメーカーのものを使っていると、順序がわかりにくいケースも多いものです。どうしてもわからない場合は、カスタマーサービスなどを利用して、確認してみてもよいですね。

年代別!乾燥肌におすすめの化粧品をチェック

20代乾燥肌おすすめ化粧品20代乾燥肌さん
20代でも「こんな習慣」があるとみるみるうちに乾燥肌に…!?
30代乾燥肌おすすめ化粧品30代乾燥肌さん
30代は老化が始まる時。肌ケアで今後のお肌が決まります。
40代乾燥肌おすすめ化粧品40代乾燥肌さん
肌の水分がガクッと下がる40代。まだ間に合う保湿ケアは?
50代乾燥肌おすすめ化粧品50代乾燥肌さん
50代には徹底した乾燥&老化対策を!極めつけの化粧品は?


超乾燥肌の私が一番おすすめする化粧水

乾燥肌におすすめのイチオシ保湿化粧水はつつむ

超乾燥肌の私がオススメする化粧水つつむ



5種類のアミノ酸が肌に届き、お肌を健康に!

つつむには、お肌の生成に欠かせないアミノ酸が5種類も入っています。そのアミノ酸が肌の奥にある角質細胞まで届き、乾燥肌に不足しがちな水分をしっかり補給。みずみずしい健康なお肌を取り戻します。

お肌に必須なセラミド配合で潤いチャージ

セラミドは、いわばお肌の中で水分を溜めこんでおくスポンジのようなもの。肌に必要な水分やミネラルが補給されても、セラミドが無ければ水分はすぐに蒸発・流れ出てしまいます。それを食い止めて、お肌にうるおいをもたらすのがこのセラミドの役割です。

お肌の水分を逃がさないベールで肌を守る

つつむ独自のヴァイタサイクルヴェールと呼ばれる薄い膜が肌表面を覆い、外部刺激からブロック、さらに、お肌の水分や油分が蒸発するのを防いでくれます。このベールでさらに乾燥知らずの肌に。

トライアルセットはこちら