超乾燥肌の私がオススメする化粧水はコレ!メインイメージ

老けて見えるのは乾燥肌が原因だった!?

老けて見えるのは乾燥肌が原因?

草花が乾燥し、水分のない状態になると、「枯れてしまった」と表現するように、私たちの肌にとっても、水分は若々しさを保つためになくてはならないものです。


肌が水分を失う、すなわち乾燥肌になると、まさに「老化」という表現にぴったりの様々なトラブルが生じてきます。肌がカサカサしたり粉をふいたりしているのは、乾燥肌のトラブルだとわかりやすい例ですが、これ以外にも、乾燥肌が原因と考えられる症状は思いのほか多いものです。


例えば、しわが増えてしまったり、くっきりと目立ってくるのも、乾燥肌から生じるトラブルの代表的なものです。もし自分のハンカチがしわだらけで、アイロンをかけても元に戻らないとしたら、私たちはいったいどうするでしょう。一度水に濡らして乾かすのが最も手っ取り早いと考える人も多いのではないでしょうか。


このように考えれば、しわと乾燥にも深い関係があることが理解できますよね。その他にも、乾燥肌の人は、ターンオーバーと呼ばれる肌の再生機能が上手く働きません。そのため、シミやくすみも目立ってしまい、美白からも遠のいてしまいます。


また、肌が固くなってしまうため、ごわつきや毛穴の黒ずみにもつながります。まさに、「乾燥する=老化する」という図式を読み取ることができますよね。

乾燥肌のトラブルは冬だけでなく一年中つきまとう!

冬は、特に乾燥肌の人にとって過酷な季節です。ある調査では、女性の9割近くが、乾燥による冬の肌トラブルを心配しているというデータが出ました。

冬場は、外気が乾燥するだけでなく、寒さのために血行や新陳代謝も悪くなり、肌のターンオーバーも鈍りがちになってしまいます。つまり、内からも外からも乾燥した状態になり、かゆみなどのトラブルを生じてしまうのです。


一方夏も侮ることはできません。最近は夏であっても、室内では一日中エアコンを使用することも少なくありません。エアコンを使うと湿度は低くなり、肌にとって厳しい環境を強いられることになるのです。


また、春先から夏にかけては、紫外線の影響も忘れることはできません。近頃よく耳にするようになったインナードライも、夏場に起こる乾燥肌のトラブルの代表格だといえるでしょう。


このように見ると、若く瑞々しいお肌を維持するためには、一年中気を抜くことはできないと考えるのが正解だといえますね。


年代別!乾燥肌におすすめの化粧品をチェック

20代乾燥肌おすすめ化粧品20代乾燥肌さん
20代でも「こんな習慣」があるとみるみるうちに乾燥肌に…!?
30代乾燥肌おすすめ化粧品30代乾燥肌さん
30代は老化が始まる時。肌ケアで今後のお肌が決まります。
40代乾燥肌おすすめ化粧品40代乾燥肌さん
肌の水分がガクッと下がる40代。まだ間に合う保湿ケアは?
50代乾燥肌おすすめ化粧品50代乾燥肌さん
50代には徹底した乾燥&老化対策を!極めつけの化粧品は?


超乾燥肌の私が一番おすすめする化粧水

乾燥肌におすすめのイチオシ保湿化粧水はつつむ

超乾燥肌の私がオススメする化粧水つつむ



5種類のアミノ酸が肌に届き、お肌を健康に!

つつむには、お肌の生成に欠かせないアミノ酸が5種類も入っています。そのアミノ酸が肌の奥にある角質細胞まで届き、乾燥肌に不足しがちな水分をしっかり補給。みずみずしい健康なお肌を取り戻します。

お肌に必須なセラミド配合で潤いチャージ

セラミドは、いわばお肌の中で水分を溜めこんでおくスポンジのようなもの。肌に必要な水分やミネラルが補給されても、セラミドが無ければ水分はすぐに蒸発・流れ出てしまいます。それを食い止めて、お肌にうるおいをもたらすのがこのセラミドの役割です。

お肌の水分を逃がさないベールで肌を守る

つつむ独自のヴァイタサイクルヴェールと呼ばれる薄い膜が肌表面を覆い、外部刺激からブロック、さらに、お肌の水分や油分が蒸発するのを防いでくれます。このベールでさらに乾燥知らずの肌に。

トライアルセットはこちら