超乾燥肌の私がオススメする化粧水はコレ!メインイメージ

肌を傷めない・乾燥肌を悪化させない、正しい化粧品の選び方

乾燥肌の人の中には、なかなか思うような化粧品に出会うことができない、という人も多いのではないでしょうか。乾燥肌の人が化粧品を選ぶ際には、まず、二つの点に注意しなければなりません。

肌の乾燥を悪化させない

一つ目は、これ以上肌の乾燥状態を悪化させないという点です。特にクレンジングメイクは、それ自体が乾燥肌にとってハードルの高いものですから、よりシビアな目で選ぶよう心掛けましょう。


メイクが崩れにくいもの

二つ目は、乾燥肌でもメイクが崩れにくいものを探すという点です。乾燥肌の人は化粧のノリが悪かったり、化粧が崩れやすいという悩みを抱えているケースがほとんどです。けれども、そうだからといって、単純に落ちにくいメイクをすれば良いというわけではありません。そんなことをしてしまうと、一つ目に挙げた、肌のコンディションを悪くしないという点と矛盾してしまいます。


このように考えてみると、乾燥肌の人にとって、化粧品選びはなかなか難しいものだということがよくわかりますよね。


「乾燥肌用」だけじゃない!乾燥肌の人がつっぱらずに使える化粧品とは

こういった悩みを抱える乾燥肌の人にとって救世主となるのが、「乾燥肌用」に特化した化粧品です。やはり、このように銘打たれたからには、乾燥肌の特徴をよく研究して作られているものが多いです。


また「敏感肌用」としてラインナップされているものも強い味方となります。敏感肌になる原因は、たいていの場合、乾燥にあるからです。同じように、アトピーの人を対象にして作られたものも、オススメです。こちらも、肌の乾燥を緩和することを第一に考えて、製作されています。


中には、赤ちゃんや小さい子供でも使えるものがありますから、ぜひ探してみてくださいね。ただ、乾燥肌と一口に言っても、お肌の状態は様々です。たとえ、アレルギーテスト済みとされていたとしても、使いだす前にパッチテストを行うことを忘れないでくださいね。

乾燥肌の人に優しいメイクの基本は下地にあり!

乾燥肌の人に限らずどの肌の人にでもいえることですが、メイクの基本は下地にあります。プロのメイクアップアーティストは、下地にほとんどの時間を費やすともいわれています。乾燥肌の人もこれを見習い、下地に力を入れてみることで、乾燥状態を悪化させず、メイク崩れを防ぐという、先ほどの二つのポイントをクリアすることができるのではないでしょうか。


具体的には、保湿力のあるスキンケア化粧品でしっかりと肌を整え、その上に乾燥に強いタイプの化粧下地を使うという方法です。この際、スキンケアは時間をかけて念入りに行い、化粧下地はあまり厚塗りしないように気をつけます。


ここで忘れがちなのがです。ファンデーションの前には化粧下地を塗るのに、口紅を塗るときは直接行うという人は、案外多いものです。乾燥肌の人は唇もカサカサになったり、切れてしまったりしがちです。リップクリームを先に塗っておいたり、口紅とリップクリームをブラシで混ぜて使うことによって、保湿力を上げ、魅力的な唇を演出することができますよ。


年代別!乾燥肌におすすめの化粧品をチェック

20代乾燥肌おすすめ化粧品20代乾燥肌さん
20代でも「こんな習慣」があるとみるみるうちに乾燥肌に…!?
30代乾燥肌おすすめ化粧品30代乾燥肌さん
30代は老化が始まる時。肌ケアで今後のお肌が決まります。
40代乾燥肌おすすめ化粧品40代乾燥肌さん
肌の水分がガクッと下がる40代。まだ間に合う保湿ケアは?
50代乾燥肌おすすめ化粧品50代乾燥肌さん
50代には徹底した乾燥&老化対策を!極めつけの化粧品は?


超乾燥肌の私が一番おすすめする化粧水

乾燥肌におすすめのイチオシ保湿化粧水はつつむ

超乾燥肌の私がオススメする化粧水つつむ



5種類のアミノ酸が肌に届き、お肌を健康に!

つつむには、お肌の生成に欠かせないアミノ酸が5種類も入っています。そのアミノ酸が肌の奥にある角質細胞まで届き、乾燥肌に不足しがちな水分をしっかり補給。みずみずしい健康なお肌を取り戻します。

お肌に必須なセラミド配合で潤いチャージ

セラミドは、いわばお肌の中で水分を溜めこんでおくスポンジのようなもの。肌に必要な水分やミネラルが補給されても、セラミドが無ければ水分はすぐに蒸発・流れ出てしまいます。それを食い止めて、お肌にうるおいをもたらすのがこのセラミドの役割です。

お肌の水分を逃がさないベールで肌を守る

つつむ独自のヴァイタサイクルヴェールと呼ばれる薄い膜が肌表面を覆い、外部刺激からブロック、さらに、お肌の水分や油分が蒸発するのを防いでくれます。このベールでさらに乾燥知らずの肌に。

トライアルセットはこちら