超乾燥肌の私がオススメする化粧水はコレ!メインイメージ

脱乾燥肌!正しいクレンジングと洗顔料の選び方

正しいクレンジングと洗顔の選び方

乾燥肌にオススメのクレンジングはどのタイプ?

クレンジングには様々なタイプが発売されていますが、乾燥肌の人にとって、どのタイプのものを使うのが、最もベストなのでしょうか。


乾燥肌の人がクレンジングを使う際、最も気をつけなければいけないのが、肌の内部にある保湿因子まで取り去ってしまわないようにするということです。クレンジング力が強いタイプほど、肌に与える影響も強くなるのが普通です。そういう意味で、拭き取りタイプのクレンジングは、避けておいた方が賢明でしょう。


合成界面活性剤が使われているものは、角層内部の細胞間脂質であるセラミドなどの成分まで落としてしまうといわれています。メイクや汚れを取る力は弱まってしまいますが、ミルクタイプのものであれば、W洗顔の必要もなく、乾燥肌に与える負担も少なくて済むのではないでしょうか。


乾燥肌におすすめの洗顔料は純せっけん!

洗顔料といえば洗顔フォームを思い浮かべる人が大多数なのかもしれません。確かに最近は色々なブランドから、様々な洗顔フォームが売り出されています。どれもお肌に良さそうな謳い文句が書かれていて、どれを選べばいいのか迷ってしまうところです。


ただ、洗顔フォームは、その成分に合成界面活性剤を使っているものが多く、肌に対するダメージはことのほか大きいものです。その点純せっけんをを使用する方が、乾燥肌の人にとっては、お肌への負担を少なくすることができるという声もよく聞きます。


せっけんで顔を洗うと独特の突っ張ったような感触があり、何だか必要以上に肌が乾燥してしまったように感じてしまう、という人も多いでしょう。けれどもこれは、せっけんの影響で肌がアルカリ性になってしまっただけのことであり、特にお肌の水分含有量には関係がありません。よく「弱酸性の洗顔料が肌に良い」といったようなイメージを持っている人がいますが、特に弱酸性にこだわらなくても、肌はもともとアルカリ中和能という力を持っていますので、放っておけば自動的にお肌は弱酸性に戻ります。


使用感の悪さのためついつい敬遠されがちなせっけんですが、乾燥肌の人はこの機会に一度試してみるとよいかもしれませんね。

年代別!乾燥肌におすすめの化粧品をチェック

20代乾燥肌おすすめ化粧品20代乾燥肌さん
20代でも「こんな習慣」があるとみるみるうちに乾燥肌に…!?
30代乾燥肌おすすめ化粧品30代乾燥肌さん
30代は老化が始まる時。肌ケアで今後のお肌が決まります。
40代乾燥肌おすすめ化粧品40代乾燥肌さん
肌の水分がガクッと下がる40代。まだ間に合う保湿ケアは?
50代乾燥肌おすすめ化粧品50代乾燥肌さん
50代には徹底した乾燥&老化対策を!極めつけの化粧品は?


超乾燥肌の私が一番おすすめする化粧水

乾燥肌におすすめのイチオシ保湿化粧水はつつむ

超乾燥肌の私がオススメする化粧水つつむ



5種類のアミノ酸が肌に届き、お肌を健康に!

つつむには、お肌の生成に欠かせないアミノ酸が5種類も入っています。そのアミノ酸が肌の奥にある角質細胞まで届き、乾燥肌に不足しがちな水分をしっかり補給。みずみずしい健康なお肌を取り戻します。

お肌に必須なセラミド配合で潤いチャージ

セラミドは、いわばお肌の中で水分を溜めこんでおくスポンジのようなもの。肌に必要な水分やミネラルが補給されても、セラミドが無ければ水分はすぐに蒸発・流れ出てしまいます。それを食い止めて、お肌にうるおいをもたらすのがこのセラミドの役割です。

お肌の水分を逃がさないベールで肌を守る

つつむ独自のヴァイタサイクルヴェールと呼ばれる薄い膜が肌表面を覆い、外部刺激からブロック、さらに、お肌の水分や油分が蒸発するのを防いでくれます。このベールでさらに乾燥知らずの肌に。

トライアルセットはこちら