超乾燥肌の私がオススメする化粧水はコレ!メインイメージ

乾燥肌なのにニキビができる人はチェック!乾燥ニキビ予防方法

乾燥肌の人は、しわやシミなど様々な肌トラブルを引き起こす可能性を抱えています。それなのに、さらに加えて、脂性肌のトラブルだと思われがちなニキビにまで悩まされるなんて、何だかやりきれない気分になってしまいますよね。


乾燥肌がニキビを起こしやすいということが理解できたのなら、転ばぬ先の杖で予防方法を知っておけば、辛い乾燥ニキビに翻弄されることもなくなるはずです。乾燥ニキビの効果的な予防方法を紹介します。

乾燥ニキビの予防には、洗顔・保湿などのスキンケアを最重視

① 保湿をしっかりと行う

乾燥ニキビの原因は肌の水分不足にあります。ということは、保湿をしっかりと行えばよいというのは誰でもわかる結論ですよね。ただ口で言うのは簡単ですが、実際に行うとなると大変なのが保湿ケアの特徴です。


乾燥ニキビの場合は、ターンオーバーが正常でないことに問題がある場合が多いので、何はさておき、肌の角層にまで届くスキンケアを行うことが重要です。また適切な皮脂量を保っていないとインナードライ状態に陥ってしまい、さらに乾燥ニキビを招く要因となってしまいかねません。肌の表面ばかりを潤す化粧水は使わず、内部にまで浸透するものを選ぶようにしましょうね。

② 洗顔を適切に行う

乾燥肌は洗顔を適切に

ニキビは不潔な肌にできるからと肌を清潔に保とうとすることは非常に有効な予防方法です。ただきれいに洗浄しようとするあまり洗顔のやりすぎてしまうと、かえって乾燥ニキビを引き起こしかねません。一日に何度も洗顔をしたり、強いクレンジングや洗顔料でゴシゴシ擦り洗いするのは、全くの逆効果です。


大切な皮脂膜を失ってしまっては元も子もありません。洗顔料はしっかりと泡立て、優しく包み込むようにして汚れを落とすよう、心掛けましょう。

③ アクネ菌をうつされない

意外と知らない人が多いのですが、ニキビの原因となるアクネ菌は人から人に感染してしまいます。気の合う女性同士集まって旅行に行った時など、ついつい気が緩んでしまい、パフの貸し借りやタオルの共用をしてしまいがちですが、お互いのためにも絶対に避けるようにしなければなりません。また、自分が普段使っているパフやブラシ類も、常に清潔に保つよう気をつけましょうね。

④ ストレスを溜めない

ストレスも乾燥ニキビができる要因の一つです。ストレスを溜めすぎると女性ホルモンの分泌も悪くなり、肌の新陳代謝も落ちてしまいます。さらに免疫機能も低下してしまい、肌のコンディションはあっという間に最悪の状態に陥ってしまいます。


現代の女性は毎日ストレスと隣り合わせの生活を送っていますので、全く溜めないようにするということは難しいかもしれませんが、上手く発散して乾燥ニキビを予防したいものですね。

年代別!乾燥肌におすすめの化粧品をチェック

20代乾燥肌おすすめ化粧品20代乾燥肌さん
20代でも「こんな習慣」があるとみるみるうちに乾燥肌に…!?
30代乾燥肌おすすめ化粧品30代乾燥肌さん
30代は老化が始まる時。肌ケアで今後のお肌が決まります。
40代乾燥肌おすすめ化粧品40代乾燥肌さん
肌の水分がガクッと下がる40代。まだ間に合う保湿ケアは?
50代乾燥肌おすすめ化粧品50代乾燥肌さん
50代には徹底した乾燥&老化対策を!極めつけの化粧品は?


超乾燥肌の私が一番おすすめする化粧水

乾燥肌におすすめのイチオシ保湿化粧水はつつむ

超乾燥肌の私がオススメする化粧水つつむ



5種類のアミノ酸が肌に届き、お肌を健康に!

つつむには、お肌の生成に欠かせないアミノ酸が5種類も入っています。そのアミノ酸が肌の奥にある角質細胞まで届き、乾燥肌に不足しがちな水分をしっかり補給。みずみずしい健康なお肌を取り戻します。

お肌に必須なセラミド配合で潤いチャージ

セラミドは、いわばお肌の中で水分を溜めこんでおくスポンジのようなもの。肌に必要な水分やミネラルが補給されても、セラミドが無ければ水分はすぐに蒸発・流れ出てしまいます。それを食い止めて、お肌にうるおいをもたらすのがこのセラミドの役割です。

お肌の水分を逃がさないベールで肌を守る

つつむ独自のヴァイタサイクルヴェールと呼ばれる薄い膜が肌表面を覆い、外部刺激からブロック、さらに、お肌の水分や油分が蒸発するのを防いでくれます。このベールでさらに乾燥知らずの肌に。

トライアルセットはこちら