超乾燥肌の私がオススメする化粧水はコレ!メインイメージ

乾燥肌の原因は衣類にある?乾燥肌を悪化させる服の生地とは

敏感肌を悪化させるのはどんな服?

乾燥肌の原因の一つに、衣類との接触があるといわれています。服が擦れるぐらい大したことないと思いますよね。ところが実際には、衣類の擦れによる圧力は、かなり大きいものなのです。


ある調査によると、背中にかかる衣類圧は8.3キロパスカル。これは、手のひらに10キロの米袋をのせる圧力と同じだというのですから驚きますよね。普通肌の人に比べ、乾燥肌の人は静電気も起こしやすくなり、さらにかゆみが増すことも多いようです。


実は、衣類は素材によって、保湿力摩擦の起こりやすさに違いがあります。できるだけ肌に優しい素材を選ぶことで、あの辛いかゆみがマシになるのだとしたらとても嬉しいことですよね。それでは、乾燥肌の人はどのような素材の衣類を選べばよいのでしょうか。

乾燥肌に負担をかけない、肌に優しいおすすめの服の素材

乾燥肌の人にオススメの衣類は、天然繊維でできているものです。天然繊維とは、植物や動物など自然界で生まれる繊維のことです。綿、ウール、カシミヤ、絹などを指します。


逆に、乾燥を進める原因となりやすいのが、ナイロンポリエステルといった合成繊維で作られた衣類です。ただ、最近は、合成繊維のものが多く出回っていますので、全てを排除していては、オシャレも思うようにできません。そんなときはせめて、肌に直接触れる下着や靴下、手袋だけでも、天然繊維のものを選ぶようにしたいですね。


乾燥肌に優しいデザインを!洗剤にも注意が必要

衣類を選ぶときは、素材とともに形状にも気を配りましょう。ファッション性が高いレースなどは、肌に接触すると、チクチクと刺激を与える原因になります。縫い目やタグなども、肌の同じ場所にずっとあたっていると、かなりのダメージになってしまいます。タグは切り落として使用するとよいでしょう。


また、タートルネックなども、かゆみを招く可能性があります。反対に接触が少なければ良いのかと考え、ノースリーブのようなものばかり着るのも問題です。衣類には、汗を適切に吸うという役割もあります。また、肌が露出されている部分は、外界の刺激を全て直接受け止めることになってしまいます。購入の際はデザインだけではなく、お肌のことを第一に、細かい部分にも注意しましょうね。


素材や形状にも注意を払っているのに、かゆみがある、という場合には、洗濯用洗剤を変えてみるのも一つの手段です。生まれたての赤ちゃんも使える肌着洗いや、アトピーの人も安心の洗剤に変えた途端、かゆみが緩和されたという話も耳にします。柔軟剤等も、上手に組み合わせて使ってみてくださいね。

年代別!乾燥肌におすすめの化粧品をチェック

20代乾燥肌おすすめ化粧品20代乾燥肌さん
20代でも「こんな習慣」があるとみるみるうちに乾燥肌に…!?
30代乾燥肌おすすめ化粧品30代乾燥肌さん
30代は老化が始まる時。肌ケアで今後のお肌が決まります。
40代乾燥肌おすすめ化粧品40代乾燥肌さん
肌の水分がガクッと下がる40代。まだ間に合う保湿ケアは?
50代乾燥肌おすすめ化粧品50代乾燥肌さん
50代には徹底した乾燥&老化対策を!極めつけの化粧品は?


超乾燥肌の私が一番おすすめする化粧水

乾燥肌におすすめのイチオシ保湿化粧水はつつむ

超乾燥肌の私がオススメする化粧水つつむ



5種類のアミノ酸が肌に届き、お肌を健康に!

つつむには、お肌の生成に欠かせないアミノ酸が5種類も入っています。そのアミノ酸が肌の奥にある角質細胞まで届き、乾燥肌に不足しがちな水分をしっかり補給。みずみずしい健康なお肌を取り戻します。

お肌に必須なセラミド配合で潤いチャージ

セラミドは、いわばお肌の中で水分を溜めこんでおくスポンジのようなもの。肌に必要な水分やミネラルが補給されても、セラミドが無ければ水分はすぐに蒸発・流れ出てしまいます。それを食い止めて、お肌にうるおいをもたらすのがこのセラミドの役割です。

お肌の水分を逃がさないベールで肌を守る

つつむ独自のヴァイタサイクルヴェールと呼ばれる薄い膜が肌表面を覆い、外部刺激からブロック、さらに、お肌の水分や油分が蒸発するのを防いでくれます。このベールでさらに乾燥知らずの肌に。

トライアルセットはこちら