超乾燥肌の私がオススメする化粧水はコレ!メインイメージ

もしかしてあなたも乾燥肌かも?乾燥肌の原因を徹底研究!

あなたも乾燥肌かも?

何だか最近、肌が突っ張るという悩みを抱えている人はいませんか。もしかすると、それは乾燥肌が原因なのかもしれませんよ。


私たち、人間の身体は、その半分以上が水分でできているといわれています。お母さんのお腹の中にいた頃は、実に体重の9割が水分であったとされる私たちの身体。その後、赤ちゃん時代に、その水分量は体重の7割から8割程度となり、子供時代は、7割程度、大人になると、約6割、年を取るにつれて、5割ほどの水分量にまで低下していきます。


赤ちゃんと老人を見比べてみると、その違いは一目瞭然ですよね。このように私たちの身体に欠くことのできない水分は、私たちのお肌にとっても、決して例外ではありません。加齢やそれ以外の色々な原因により、お肌の水分量がおよそ3割以下に落ち込んでしまうと、様々なトラブルを引き起こすことになってしまいます。


このような肌状態を「乾燥肌」と呼んでいます。それでは、なぜこのような乾燥肌になってしまうのか、そのメカニズムを確認していきましょう。

セラミドの働きが凄い!肌を潤すメカニズムとは?

私たちの肌は3つの保湿因子によって潤いを保っています。それは、皮脂膜、NMF(天然保湿因子)、細胞間脂質の3つです。

①皮脂膜

皮脂膜とは簡単に説明すると、肌の最も表面部分にあるもので、皮脂と汗でできています。この皮脂膜が、いわばバリアとなって、水分が必要以上に蒸発してしまうのを防いでくれているのです。

②NMF(天然保湿因子)

角層細胞といわれる部分にあるNMF(天然保湿因子)も、その名の通り肌の水分をしっかりと守っています。

③細胞間脂質

そして、乾燥から私たちを守ってくれる最後の砦となるのが、角層細胞をつなぐ細胞間脂質です。その中でも、セラミドは、水分の保持に大きな役割を果たしています。セラミドという言葉には、聞き覚えがある人も多いのではないでしょうか。セラミドは、角層が潤いを保持するために、なくてはならない物質なのです。


これら3つの保湿因子が天然の要塞となり、肌の乾燥を防いでいるのが正常な肌のメカニズムです。ところが何らかの理由により、この保湿のメカニズムが上手く作用しなくなってしまうと、私たちの肌はあっという間にバランスを失ってしまい、様々なトラブルの原因となる乾燥肌へと傾いてしまうというわけです。

年代別!乾燥肌におすすめの化粧品をチェック

20代乾燥肌おすすめ化粧品20代乾燥肌さん
20代でも「こんな習慣」があるとみるみるうちに乾燥肌に…!?
30代乾燥肌おすすめ化粧品30代乾燥肌さん
30代は老化が始まる時。肌ケアで今後のお肌が決まります。
40代乾燥肌おすすめ化粧品40代乾燥肌さん
肌の水分がガクッと下がる40代。まだ間に合う保湿ケアは?
50代乾燥肌おすすめ化粧品50代乾燥肌さん
50代には徹底した乾燥&老化対策を!極めつけの化粧品は?


超乾燥肌の私が一番おすすめする化粧水

乾燥肌におすすめのイチオシ保湿化粧水はつつむ

超乾燥肌の私がオススメする化粧水つつむ



5種類のアミノ酸が肌に届き、お肌を健康に!

つつむには、お肌の生成に欠かせないアミノ酸が5種類も入っています。そのアミノ酸が肌の奥にある角質細胞まで届き、乾燥肌に不足しがちな水分をしっかり補給。みずみずしい健康なお肌を取り戻します。

お肌に必須なセラミド配合で潤いチャージ

セラミドは、いわばお肌の中で水分を溜めこんでおくスポンジのようなもの。肌に必要な水分やミネラルが補給されても、セラミドが無ければ水分はすぐに蒸発・流れ出てしまいます。それを食い止めて、お肌にうるおいをもたらすのがこのセラミドの役割です。

お肌の水分を逃がさないベールで肌を守る

つつむ独自のヴァイタサイクルヴェールと呼ばれる薄い膜が肌表面を覆い、外部刺激からブロック、さらに、お肌の水分や油分が蒸発するのを防いでくれます。このベールでさらに乾燥知らずの肌に。

トライアルセットはこちら